肌断食で美肌菌を育てよう~目指せノーファンデ肌

美肌菌をご存知ですか?
 
肌断食で美肌菌を育てよう
 
 
”そんなの持ってない!”
”どうしたら手にいれられるの?”
 
と思っていたら、美肌菌は人間が本来持っている菌だそうです。
 
肌断食で美肌菌を育てよう
 
”なんだ、そうなんだ”
”特別な人だけが持てる特別な菌ではないのね。よかった・・・”
 

でも、「菌」というコトバは、体にとって悪いもののように思ってしまいますよね。
 
肌断食で美肌菌を育てよう
 
”え!毎日きれいに洗っているのに、お肌に菌が付いているの?”
 
人間は体内にも体外にも菌を持っていて。その菌を常在菌といいます。
お腹の調子を整えるのに重要な役割をしている乳酸菌やビフィズス菌も、常在菌の一種です。
 
人の体には膨大な数の常在菌が存在し、人の体の健康を維持するのに貢献している善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌がバランスを取っているそうです。
 
 
 

お肌の潤いと弱酸性を保つ美肌菌

お肌の常在菌の1つである表皮ブドウ球菌は、「美肌菌」とも言われています。
 
表皮ぶどう球菌は、お肌の表面を覆っている皮脂の成分トリグリセリドを、脂肪酸グリセリンに分解する働きをします。
 
 

お肌を潤すグリセリン

グリセリンはお肌を保湿するための成分としてスキンケア製品にも使われていますが、わざわざ外からグリセリンを与えなくても、お肌がもともと持っているものなのです。
 
そのグリセリンを皮脂から作り出してくれるのが、美肌菌といわれている表皮ブドウ球菌なのです。
 
 

お肌の弱酸性を保つ脂肪酸

「健康なお肌は弱酸性」と言われていますよね、
 
お肌を弱酸性に保つ働きをしているのが、脂肪酸です。
 
お肌の常在菌の中で悪玉菌の多くはアルカリ性の状態を好むのですが、弱酸性に保たれたお肌の上では、増殖したりお肌の内部に侵入する事ができません。
 
お肌の弱酸性を保つ脂肪酸を作り出しているのが、美肌菌といわれる表皮ブドウ球菌なのです。

 
 
表皮ブドウ球菌の働きが活発なお肌は、潤いがあって健康なお肌を作ってくれます。
 
表皮ブドウ球菌は、美肌を作る「美肌菌」なのです。
 
 
 

美肌菌を育てよう

美肌菌である表皮ブドウ球菌を育てれば美肌になれるはず。
どうしたら、美肌菌を育てられるの?
 
 

乾燥させない事

菌は乾燥が苦手です。
 
美肌菌の表皮ブドウ球菌も、皮脂や汗が少ない表皮では存在(増殖)することができません。
 
洗顔後にお肌の乾燥がひどい場合は、水分や油分を補給した方がよいです。
 
肌断食で美肌菌を育てよう
 
”それならやっぱりスキンケアは必要なのでは?”
”何もつけない肌断食は良くないのでは?”
 
スキンケア製品は防腐剤が含まれていますが、その防腐剤が美肌菌の表皮ブドウ菌も殺してしまうというのです。
 
”お肌を保湿して美肌菌を育てるためのスキンケアが、逆効果になっている”
 
「美肌菌を育てるための保湿=スキンケア」
という考えを、変えた方がよいかもしれません。
 
 

洗い過ぎない事

美肌菌を育てるには、洗いすぎない事が大切です。
 
水のみで洗顔をした場合、お肌の表面の美肌菌がほとんど流れ落ちてしまっても、毛穴の中に残っていた美肌菌はすぐに活動を開始し、30分~2時間くらいでほぼ元に戻るそうです。
 
ところが、クレンジングや洗顔料を使って洗顔をすると、お肌がアルカリ性に傾くそうです。
 
美肌菌はアルカリ性の環境が苦手です。
アルカリ性に傾いたお肌では、美肌菌が増える事ができなくなります。
 
弱酸性の洗顔料を使えば良いのでしょうが、弱酸性の洗顔料はお肌には優しいのですが、洗浄力が弱くメイクをしっかり落とす事が難しいのです。
 
メイクをしっかり落とすのに使うクレンジングは、メイクを落とすだけでなく、まだ垢になって剥がれ落ちるには早い角質細胞も洗い流してしまうので、お肌は乾燥しやすくなります。
 
乾燥してアルカリ性に傾いたお肌では、美肌菌である表皮ブドウ菌は増えてくれません。
 
”メイクはしっかり落としましょう”
”クレンジングや洗顔料を使いましょう”
”お肌のケアは、まず洗う事から”
 
お肌のために、美肌を作るために良かれと思っていたことが、美肌菌が育たない環境にしていたのです。
 
クレンジングを使わないでも良いファンデーションを使うだけでも、洗いすぎを防ぐ事ができますね。
 
美肌菌を育てるためには、洗いすぎに注意しましょう。
 
 

適度な運動をする

肌断食で美肌菌を育てよう
 
”美肌菌を育てるのに運動、どう関係があるの?”
 
適度な運動をしている方は、汗をかく習慣があるので、汗腺の機能もよいそうです。
 
体温調節のためにかく汗の成分は、水の他に体の必要なミネラル類も含まれているそうです。
汗腺には、汗として出てしまったミネラル類を再利用する機能は備わっているそうです。
 
体に良い汗は「さらさらの汗」というのを聞いた事があります。
汗腺の機能が良い体が出す汗は、ミネラル類が再利用されているので、さらさらの良い汗だそうです。
 
人間の体は凄い機能を持ち合わせているのですね。
 
暑いからといってエアコンの効いた部屋で過ごしてばかりいると、汗をかかないので汗腺の機能が衰えてしまうそうです。
 
汗腺の機能が衰えると、ミネラル類を再利用する機能が衰えるので、ミネラル類の多いねばねばした悪い汗になるそうです。

ミネラル類の多い悪い汗はアルカリ性なので、美肌菌が育たない環境になってしまいます。
 
適度な運動をして汗をかくことは、美肌菌である表皮ブドウ球菌を育てるのに良いのです。
 
 

バランスの良い食事をとる

美肌菌を育てる事とは直接関係がないですが、美肌作りの基本は、バランスの良い食事からです。
 
タンパク質も脂肪も糖質もビタミン類もミネラル類も、体に必要な栄養はお肌にも必要です。
偏った食生活では美肌は作れません。
 
バランスの良い食事を心がけるのも、忘れてはいけない事ですね。
 
 
 

肌断食で美肌菌を育てよう

美肌菌を育てる方法は、肌断食に似ていませんか?
 

お肌をアルカリ性にして乾燥させるクレンジングや洗顔料を使わなければ、美肌菌は育ってくれます。
 
防腐剤が入っているスキンケア商品を使わなければ、美肌菌は育ってくれます。
 

肌断食は、お肌に良くない事をやめることだけでなく、美肌菌を育てる方法でもあったのですね。
 

 

肌断食で美肌菌を育てよう!
 
 
 

 《ノーファンデの肌を目指す肌断食をサポートする洗顔料プルミエグラン

 
毛穴・乾燥 これひとつ!!
次世代型オールインワン洗顔料《プルミエグラン》 
 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る