クレンジングはお肌に負担をかける~ゆる肌断食でノーファンデ肌をめざす

クレンジングがお肌に負担をかけるという事をご存知でしたか?
 
「クレンジングはお肌に負担がかかるので、短時間でメイクを馴染み、短時間で水で洗い流せるクレンジングが良い」という事を、某スキンケアの商品説明会に参加したときにお聞きしました。
 
宇津木式肌断食でも、クレンジングは使わないとしています。
 
 
 

クレンジングの主成分は界面活性剤

ファンデーションなどのメイクは油性なので、水で洗い流す事はできません。
水と油は混じりませんものね。
 
ファンデーションなどのメイクの油分と水を馴染ませて、水で洗い落とせるようにするのがクレンジングです。
 
クレンジングには、油分と水との間を取り持って混じりやすくする成分が入っているのです。
その成分が、界面活性剤です。
 
 
界面活性剤が入っているのはクレンジングだけではないのです。
洗顔料などの合成洗剤にも界面活性剤は入っているのです。
 

 
”だったらクレンジングは必要ないじゃないの?”
 
と思いますよね。
 
クレンジングを使わずに洗顔料だけを使うと、ファンデーションの落とし残しがあったりします。
 
洗顔料に入っている界面活性剤の量では、ファンデーションなどのメイクを落とすだけでの力が無いのでしょうね。
 
メイクを落とすのに必要な量の界面活性剤がはいっているのが、クレンジングなのでしょう。
 
だから、化粧品メーカーの方が、
 

 
”メイクをしたら、必ずクレンジングが必要ですよ”
 
とか、
 
”メイクをしたらダブル洗顔(クレンジング+洗顔料)が必要ですよ”
 
と言うのですね。
 
 

界面活性剤がお肌に負担をかける

クレンジングの主成分である界面活性剤は、ファンデーションなどのメイクを落とすのには良いものなのですが、お肌にとても負担をかけてしまうのです。
 
お肌にはバリア機能があって、外からの刺激や異物をお肌に通さないようになっているのですが、界面活性剤は、その頑丈なバリアを壊してしまうそうです。
 
バリアを壊されたお肌は、乾燥しやすくなります。
 
界面活性剤はお肌のバリア機能を壊すだけでなく、お肌の中に侵入するそうです。
界面活性剤はお肌にとって異物なので、拒否反応が起こり、炎症を起こします。
 
洗濯石鹸や洗顔料、シャンプーなどがお肌に合わなくて肌トラブルを起こし、皮膚科に通っていたときに、医師から
 
”界面活性剤が合わないのかもね”
 
と言われて、洗濯石鹸や洗顔料・シャンプーには注意をしていたのですが、クレンジングにも使われていたとは気が付きませんでした。
 
よくよく考えるとわかる事なのですが、勉強不足でした。
 
 
 
お肌のために良かれと使っていたクレンジングが、お肌を痛めつけていたのです。
 
 

ノーファンデならクレンジングがいらない

そもそもファンデーションなどのメイクをするから、クレンジングが必要になるのですよね。
 
ファンデーションを使わなければ、お顔全体にクレンジングを使う必要がないです。
 
肌断食ではノーファンデですごすので、クレンジングを使う必要が無いのです。
 
お肌に負担がかかるクレンジングを使わないだけでも、美肌に近づける、という事ですね。
 
 

クレンジング不要のミネラルファンデーションを使っています

 
”ノーファンデならお肌に負担をかけるクレンジングを使う必要がない。”
 
とはいえ、ノーファンデで出かける勇気はありません。
 
ファンデーショの中には、「ダブル洗顔の必要がないですよ」というものもあります。
 
管理人はミネラルファンデーションを使っているのですが、クレンジングを使わなくても純せっけんで落ちています。
 

 
 
お肌に良くないものを使わないようにするだけでも、お肌は良い方に変わっていってくれるはずです。
 
ノーファンデでいられるお肌を目指して、ゆる肌断食を続けます。
 
 
 

 《ノーファンデの肌を目指す肌断食をサポートする洗顔料プルミエグラン

 
毛穴・乾燥 これひとつ!!
次世代型オールインワン洗顔料《プルミエグラン》
 
 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る