ノーファンデがお肌のために良い理由~ゆる肌断食始めました

化粧水や乳液・美容液などのスキンケアはお肌負担をかけるので、スキンケアをなにもしない肌断食がお肌に良いのは理解できるけど、
 
「なぜノーファンデがいいの?」
「なぜファンデーションは良くないの?」
 
という疑問が残ります。

 
 

ファンデーションの種類によって違うお肌への負担


 
ファンデーションの種類には、
 
・リキッドファンデーション
・クリームファンデーション
・練りファンデーション
・固形ファンデーション
・パウダリーファンデーション
 
などがあります。
 
どのタイプのファンデーションが好きかと聞かれたら、すかさず「リキッドファンデーション」と答えます。
 
リキッドファンデーションはお肌に密着して厚塗りにならないのに、気になるシミをきれいにカバーしてくれるのですもの。
短時間でササっと塗れるのも。お気に入りの理由の一つです。
 
リキッドファンデーションの次に好きなのが、クリームファンデーションです。
 
どころが、リキッドファンデーションは、お肌に一番負担をかけるファンデーションだそうです。
次にクリームファンデーションだそうです。
 
その次にお肌の負担になるのが、練りファンデーションや固形ファンデーションで、ファンデーションの中で一番お肌への負担が少ないのが、パウダリーファンデーションだそうです。
 
ファンデーションの種類によって、お肌への負担が変わってしまうのです。
 


 
好きなファンデーションの順位が、そのままお肌に負担をかけるファンデーションの順位なんてショックです。
 
 
 

ファンデーションにも使われている界面活性剤

リキッドファンデーションやクリームファンデーションがお肌に負担をかける理由は、界面活性剤が使われているからだそうです。
 

 
”え!ファンデーションに界面活性剤が使われているの?”
”界面活性剤は、石けんなどに使われているものではないの?”
 
界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる役目をするもので、洗濯石鹸や洗顔料などの洗浄剤に多く含まれていますが、ファンデーションや乳液・クリームなどにも使われています。
 
リキッドファンデーションやクリームファンデーションの、油分と水分が混ざりあった乳液のような使いやすさを作り出しているのが、界面活性剤なのです。
 
界面活性剤はお肌のバリア機能を壊しお肌を乾燥させやすくし、お肌にとっては異物なので、肌トラブルを起こす原因にもなるのです。
 
使いやすくカバー力が魅力で使っていたリキッドファンデーションが、お肌をきれいにカバーするのと引き換えに、お肌に負担をかけていたのです。
 
練りファンデーションや固形ファンデーションには油脂が使われており、パウダリーファンデーションは粉状のままです。
 
ファンデーションの種類によって、お肌への負担が変わってしまうのです。
 
 
 

お肌のためにはノーファンデが良い

ファンデーションの目的は、お肌をきれいに見せるものなので、お肌にとっては必要の ないものです。
お肌に密着するファンデーションがお肌に負担をかけるので、お肌の事を考えたらノーファンデが良いのはわかります。
 

 
肌断食は、「お肌に必要のないものは使わない」「お肌に負担のかかるものは使わない」という考えなので、お肌の事を考えたらノーファンデが良い、という事になるのです。
 
 
 

使うならミネラルファンデーションがおすすめ

お肌のためにはノーファンデが良いというのは理解できても、素肌に自信がないのでノーファンデで出かける勇気がありません。
 
宇津木式の肌断食では、ファンデーションを使うならお肌に負担の少ないパウダリーファンデーションを推奨しています。
 
パウダリーファンデーションと聞いて思い浮かべたのが、ミネラルファンデーションです。
 

 

 
”ミネラルファンデーションに戻せばいいのね。”
 
ミネラルファンデーションを使っていた時期があったので、ミネラルファンデーションに替えるのには抵抗はありません。
 

今は、ミネラルファンデーションを使って、ゆる肌断食を実践中です。
 
ミネラルファンデーションも使う必要のない、ノーファンデで過ごせるお肌になる事を目指しています。
 
 
 

 《ノーファンデの肌を目指す肌断食をサポートする洗顔料プルミエグラン

 
毛穴・乾燥 これひとつ!!
次世代型オールインワン洗顔料《プルミエグラン》
 
 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る