弾力のある”プルン肌”の源『真皮』

理想のお肌は、赤ちゃんのような弾力のあるプルン肌ですよね。

悲しいことに、年齢を重ねていくと、お肌にハリがなくなり、シワやたるみなどが現れてきます。

エイジングケアは、お肌のハリを取り戻す戦いでもあります。

 

お肌のハリに関係があるのが、真皮です。

真皮の構造を絵にしてみました。

お肌のしくみ 真皮

真皮は表皮の下にある層で、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンといった弾力のあるお肌を作る成分があります。

 

il-hyojo-w9そうそうこれこれ!よく聞くよね。

お肌にハリを与える成分で、エイジングケア対策のスキンケア商品でよく聞くのが、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンですよね。

 

コラーゲンは、真皮の約70%を占めていて、ゴムのような弾力のある成分です。
コラーゲンが紫外線や活性酸素・加齢などの影響で古くなったり溝が減ってると、シワやたるみの原因になります。

エラスチンは、お肌の弾力をつかさどる成分で、真皮の約2%を占めています。
エラスチンはコラーゲンを束ねる役目があり、コラーゲンを網目状にします。
紫外線や加齢で変化してしまうと、たるみやシワの原因になります。

ヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンで作られた網目状の中を埋めつくすようにある、ゼリー状の成分です。
お肌の弾力に大きくかかわりのある成分です。
水分を保持する力が高く、ヒアルロン酸1gで水分を6リットルも保つことができるといわれ、水分保持力の高さが、乾燥や肌荒れからお肌を守ってくれます。

 

 

ふっくら弾力のあるお肌は三位一体で作られる

コラーゲンの量が多くピンと張っていて、エラスチンがしっかりコラーゲンを束ねて網目を作り、その中にたっぷりとヒアルロン酸があるお肌は、弾力のある美肌といえます。

もし、コラーゲンとエラスチンがあってもヒアルロン酸が少なければ、お肌の水分量が少なくなり、乾燥肌になってしまいます。
コラーゲンがあってもエラスチンが少なければ、コラーゲンを束ねることができないので、お肌のハリがなくなってしまいます。

コラーゲンが少なくなると、エラスチンが束ねることができなくなるので、お肌のハリがなくなってしまいます。

ふっくらとした弾力のあるみずみずしいお肌は、コラーゲンとエラスチン・ヒアルロン酸の3つが一緒になることで作られていきます。

 
il-hyojo-w6ちょっと待って!

お肌にハリがなくなってきたからといってコラーゲン入りのスキンケア商品を使っても、本当はエラスチンが足りなかったら、いつまでたってもお肌にハリが出てこないということだよね。

お肌が乾燥しているからといってヒアルロン酸入りのスキンケア商品を使っても、コラーゲンやエラスチンが少なくてピンと張った網目状の成分ができていなければ、ヒアルロン酸はお肌にとどまってくれない、ということだよね。

 

でも、自分のお肌に何が足りないのかがわかりません。

そうなると、プルン肌を目指すには、コラーゲンとエラスチン・ヒアルロン酸が入っているスキンケア商品を使うのが一番だということになるね。

 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る