なぜ日焼けはシミの原因になるの~シミ対策には敵を知る事から始めよう

どうしてあんなにわざわざ日焼けをしたのだろう・・・

今頃になって現れた”シミ”
お肌の奥には、隠れシミが出番が来るのを待っている。

今更ながら後悔しても、もう遅い。

 

そう、日焼けはお肌の大敵なのです。

 

日焼けをすると、どうしてシミができてしまうのでしょうか。

防御するために、まず敵を知る事から始めましょう。

 

メラニン色素はお肌を守る防衛隊

紫外線は、お肌の弾力を低下させたり、シミやシワなどのお肌の老化を促進してしまいます。
また、細胞にも影響を与え、皮膚がんを誘発することもあります。
紫外線がお肌の真皮に入り込むと、皮膚細胞を破壊してしまいます。

 

日焼け

 

お肌の表皮の一番奥にある基底層には、「メラノサイト」という細胞があります。

お肌が紫外線を浴びると、メラノサイトは紫外線を浴びたことをキャッチして、メラニン色素を作り出します。

メラニン色素は表皮全体に広がり、紫外線が真皮に入り込むのを防御します。

紫外線を浴び続ける間、メラノサイトはメラニンを作り続けます。

il-hyojo-w8表皮の中でメラニン色素が増えると、お肌の色がだんだん濃くなるのです。これが”日焼け”です。

 

メラニン色素はシミの元になるといわれ悪者扱いをされていますが紫外線から真皮を守る役割を担っているのです。

 

 

なぜシミになるの?

il-hyojo-w2
お肌が紫外線を浴びなくなれば、メラノサイトはメラニン色素を作らなくなります。

紫外線からお肌を守る使命を終えたメラニン色素は、お肌のターンオーバーに伴って、自然とお肌の表面へ押し出され、角質となって肌から剥がれ落ちていきます。

日焼けをしたお肌は、時間がたつに連れて、お肌の色も元に戻っていきます。

つまり、日焼けをしてしまっても、時間がたつにつれて肌も白く戻っていくはずだということです。

ところが、紫外線を浴び続けるとメラニン色素が作り続けられて、お肌のターンオーバーでは間に合わなくなったり、年齢を重ねて新陳代謝が悪くなりターンオーバーサイクルが長くなると、メラニン色素が表皮の奥に留まってしまいます。

隠れシミですね。

隠れシミは、やがて少しずつお肌の表面に押し上げられ、お肌から剥がれ落ちることなく居座ってしまいます。

これが、シミです。

 

il-hyojo-w1シミを作らないようにするためには、まず、メラニン色素を作り出さないようにする事が大切です。

紫外線からお肌を守る事が大切なのです。

 

 

 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る