カモミール

カモミール

カモミールはハーブティーでお馴染みのハーブです。

カモミールにはローマンカモミールジャーマンカモミールの2種類あります。

精油(エッセンシャルオイル)で良く使われるのはローマンカモミールで、ハーブティーで飲まれているのはジャーマンカモミールです。

ここでは、精油(エッセンシャルオイル)で使われることの多いローマンカモミールについてご紹介します。

カモミールの精油(エッセンシャルオイル)には炎症を抑える作用があるといわれており、乾燥でカサカサになったお肌を改善するにも役に立ちます。

また、美しくツヤのある毛髪を作るとされ、シャンプーに利用されてきました。

 

 

香りの特徴

カモミールの精油(エッセンシャルオイル)は、りんごのようなフルーティーは香りがします。

 

 

お肌への作用

炎症を抑える作用があるので、にきびや乾燥肌、敏感肌に良い精油(エッセンシャルオイル)です。
乾燥してかゆみにあるお肌の改善を促すので、フェイスケアだけではなくボディケアにも良いです。

 

 

頭皮・毛髪への作用

敏感肌や乾燥した地肌に良いです。

 
【参考文献】
アロマテラピーのための84の精油/ワンダー・セラー(著) 高山林太郎(訳)
アロマテラピーコンプリートブック/林伸光(監修) ライブラ香りの学校(編)

 

 

 

 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る