イランイラン

イランイラン

 

イランイランは、「花の中の花」という意味を持つ花から抽出した精油(エッセンシャルオイル)です。

イランイランの花は、フィリピンやマダガスカル・インドネシアなど亜熱帯地域が原産です。
東南アジアを思い出すような濃厚でエキゾチックな香りがするイランイランの精油(エッセンシャルオイル)は、香水の原料としても使われてきました。

個性的な香りは、好き嫌いがはっきり分かれる香りです。
若い年代の方や子どもには好まれない傾向があります。

 

 

イランイランの精油

イライラを鎮めてくれる香り

イランイランの甘い濃厚な香りが気分を高揚させてくれるので、ストレスやイライラを鎮めるのを助けてくれます。
とても香りが強いので、使う量に気を付けないと、頭痛や吐き気におそわれる可能性があります。

 

 

香りの特徴

エキゾチックな濃厚な甘い香りです。

お肌への作用
皮膚の水分と皮脂のバランスを良くする作用があります。
脂性肌にも乾燥肌にも良いです。

 

 

頭皮・毛髪への作用

頭皮・毛髪ケアに良い精油(エッセンシャルオイル)の代表が、イランイランです。
頭皮を強くし刺激を与える作用があるので、毛髪の成長を助けてくれます。

 

 

【参考文献】
アロマテラピーのための84の精油/ワンダー・セラー(著) 高山林太郎(訳)
アロマテラピーコンプリートブック/林伸光(監修) ライブラ香りの学校(編)

 

 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る