ゆる肌断食11週間:夏の顔のかゆみ対策~目指せノーファンデ肌

昨日の夜の事です。
顔が急にかゆくなりました。
 
洗顔してから1時間以上たっているので、洗顔が原因だとは考えられないです。
鏡を見ると、頬のかゆい部分がポツポツ赤くなっています。
 

 
”なぜ?どうして?”
”スキンケアをしていないから?”
”ゆる肌断食がいけないのかしら?”
 
 
今年は、スキンケアをやめてからむかえる初めての夏なのです。
 
しばらくするとかゆみは収まり、赤いポツポツも落ち着いてきました。
 
 
思い出してみると、毎年夏の蒸し暑い時期になると、1度や2度はお肌がかゆくなることがあったのです。
 
このかゆみは、夏だけにおきる夏特有のかゆみです。
 
どうして夏になるとお肌がかゆくなるのか、調べてみました。
 
 
 

お肌がかゆくなる原因

健康で美しいお肌を保つためには、美肌菌といわれる常在菌が住みやすい環境を保つことが必要です。
 
弱酸性に保たれているお肌は、常在菌が住みやすく、雑菌が繁殖しにくい環境だといわれています。
「美肌菌を育てよう」という美容法もありますよね。
 
しかし、汗や皮脂の分泌が多くなると、お肌が弱酸性を保てなくなるそうです。
 

 
”お肌が弱酸性を保てなくなるという事は、お肌のトラブルが起きやすいお肌ということ?”
”敏感肌だから心配・・・”
 
 

雑菌を繁殖させる汗

汗をそのままにしておくと、雑菌を繁殖させるそうです。
 
”お肌の上で雑菌が繁殖しているなんて、怖い!”
”すぐに対策をとらないと”
 
 

お肌を酸性にする皮脂

皮脂も雑菌を繁殖させるのですが、酸化することでお肌を弱酸性から酸性に傾いてしまうそうです。
 
雑菌の繁殖とお肌が酸性に近づくことがお肌の刺激になって、顔がかゆくなるそうです。
 
 
 

洗いすぎもお肌がかゆくなる

”それなら汗や皮脂をとるために、こまめに洗顔をすればいいのね。”
 
ところが、洗顔のしすぎも、お肌がかゆくなる原因になるそうです。
 
 
洗顔のしすぎは皮脂膜や常在菌も必要以上に流してしまいます。
 
すると、お肌のバリア機能が低下して、お肌が乾燥しかゆくなるそうです。
 
洗顔料の多くはアルカリ性なので、洗顔をするとお肌はアルカリ性に傾きます。
アルカリ性に傾いたお肌の乾燥も、お肌のかゆみの原因になります。
 

 
”汗や余分な皮脂をお肌から取り除かないとお肌が酸性に傾く、洗いすぎるとアルカリ性に傾く・・・”
どのようにケアすればいいのだろう。
 
 
 

夏の顔のかゆみ対策

顔のかゆみ対策は、どうすればいいのでしょうか?
 
 

汗をこまめにふき取る

汗をそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなるので、汗をかいたらこまめにふき取るのがよいそうです。
 
その時、乾いたタオルよりも湿ったタオルの方が良いそうです。
 
 

スキンケアを見直す

夏のお肌は敏感なので、普段は敏感肌でない方も、敏感肌用のお肌ケアを心掛けるのが良いそうです。
 
使い慣れているスキンケアも刺激になることがあるので、刺激の少ない敏感肌用のスキンケアにかえるもの良いそうです。
 
 

ファンデーションや日焼け止めを見直す

ファンデーションや日焼け止めはお顔全体に塗るため、汗や皮脂と混ざる量が多くなり、刺激になることもあるそうです。
 
また、しっかり落とそうとしてクレンジングを使いすぎて必要な皮脂まで落としてしまったり、落としきれなくてお顔に残っている場合もあります。
 
 
 

ゆる肌断食は夏のお肌対策に良い!


顔のかゆみ対策ができるているのが、チェックしてみました。
 
 
・ゆる肌断食でスキンケア商品を使っていないので、スキンケアを見直す必要がない。
 
・日焼け止めも使っていないので、見直す必要がない。
 
・ミネラルファンデーションを使っているので、クレンジングは使っていない。
 
・ファンデーションを使った日は、せっけんで落としている。
 
・朝晩プルミエグランで洗顔しているので、余分な皮脂は取り除いている。
 

あとは、ぬれタオルで汗を拭きとるようにすればいいんだ!

 
 
ゆる肌断食を始めてからやり始めた事が、夏の顔のかゆみ対策にっているよ。
 
ゆる肌断食で夏のお肌のお悩み解消
 
ゆる肌断食は、夏の顔のかゆみ対策にいいんだ!
 
 
 

 《ノーファンデの肌を目指す肌断食をサポートする洗顔料プルミエグラン

 
毛穴・乾燥 これひとつ!!
次世代型オールインワン洗顔料《プルミエグラン》
 
 

【広告】


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る